【伏線解説】映画『キャプテン・アメリカ1』を徹底解説!シュミット、バッキーはどうなった?【ザ・ファースト・アベンジャー】

宅配弁当
引用元:映画.com

マーベルシリーズは多くの伏線や秘密が隠されています。

本作『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー』もその例外ではありません。

伏線や秘密を知ることで、通常以上に楽しんで視聴できますよ。

この記事では『 キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー 』の伏線を詳細に解説しているので、気になっている方はぜひ最後まで読んでください!

まだ『 キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー 』を見ていない方へ

まだ『 キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー 』を見ていない人は、まずはあらすじや登場人物を把握しましょう。

ねずみくん
ねずみくん

この記事は、ある程度あらすじを知っている人向けに書いているよ!

『 キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー 』の紹介記事にて大筋を紹介しているので、ぜひ読んでください!

世界観

本作『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー』は、時系列的に最初の作品であり、第二次世界大戦が舞台。

2つの組織の対決が物語の核となっています。

事前知識がない人では全体像を掴みづらいと思うので、初めにこれらの組織について解説します。

2つの組織の対決

本作では、

  • SSR
  • ヒドラ

と呼ばれる2つの組織が登場します。

これらの組織は、今後のMCU作品にも大きな影響を与えているので超重要です!

SSR(戦略科学予備軍)

アメリカ軍の科学組織。

ナチス・ドイツに対抗するべく、アースキン博士が開発した血清によって、スーパーソルジャーを生み出すことが目的の組織。

SSRに所属していた “ペギー・カーター”、”ハワード・スターク”等が “S.H.E.I.L.D” を創設したため、実質の後継機関。

■主要人物■
  • アースキン博士(代表)
  • ペギー・カーター
  • ハワード・スターク
  • スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)

ヒドラ

ナチス・ドイツの兵器開発部門。

メンバーは、代表の “ヨハン・シュミット” を崇拝しており、自らの命よりも “ヒドラ” の秘密を守ることを優先します。

本作では、コズミック・キューブのエネルギーを使用した新兵器を、世界各地で生産しています。

■主要人物■
  • ヨハン・シュミット(代表)
  • ゾラ博士

これらの主要人物は、『キャプテンアメリカのあらすじ紹介』で詳しく解説しているので、気になる人は読んでみてください!

シーン毎の伏線

それでは早速、『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー』の伏線を解説します。

以降では、該当シーンごとに伏線を解説するので、気になる箇所から見てください!

①冒頭シーン

氷漬けになっていた乗り物は何?

  • 本作の終盤に、スティーブ・ロジャースが不時着させた飛行機

本作の大部分は第二次世界大戦が舞台ですが、冒頭とエンドの舞台は現代となっています。

本作の終盤では、キャプテン・アメリカが自らが操縦する飛行船を不時着させています。

長年その飛行船を見つけることができませんでしたが、ようやく国際平和維持組織 “S.H.E.I.L.D” によって発見されました。

ねずみくん
ねずみくん

映像に、キャプテン・アメリカの持つシールドも映っていたよ!

②ノルウェーにて、シュミットが “コズミック・キューブ” を強奪したシーン

引用元:CinemaCafe.net

シュミットが見つけたキューブは何?

  • 恐るべきパワーを秘めた “テッセラクト”

このキューブは “四次元キューブ” ・ “コズミック・キューブ” とも呼ばれている、圧倒的なパワーを秘めている物質です。

本作では、悪の研究機関「ヒドラ」の長官であるシュミットとその部下のゾラ博士によって、テッセラクトのパワーを引き出すことに成功しました。

そして、テッセラクトのパワーを用いて生み出された兵器は、圧倒的な破壊力を持っていましたね。

また、トニーの父であるハワード・スタークを以てしても解明できない代物で、キャプテン・アメリカを大いに苦しめました。

ねずみくん
ねずみくん

映画『アベンジャーズ』でも、テッセラクトのせいで異次元への扉が開き、宇宙の敵が大量に押し寄せてきたよ!

コズミック・キューブを所持していた人物は?

  • ノルウェーのトンスベルグの党の番人 “タワー・キーパー”

コズミック・キューブの価値を知る人物。

壁の仕掛けの中に隠していたが、あえなくシュミットに見つけられてしまい、その後銃殺されます。

③アースキン博士を銃殺した、”ヒドラ” の一員を追い詰めたシーン

引用元:CinemaCafe.net

「ハイル・ヒドラ」とはどういう意味?

  • 「ヒドラ万歳」と言う意味

「ハイル・ヒドラ」の「ハイル」とは、ドイツ語で「万歳」という意味です。

つまり、「ヒドラ万歳」という意味ですね。

これは、現実世界のナチス・ドイツにおける、ヒトラーへの称賛を表す「ハイル・ヒトラ」のオマージュとなります。

④”キャプテン・アメリカ”として、第107連隊の捕虜を救うシーン

引用元:CinemaCafe.net

なぜバッキーは隔離された場所で拘束されていた?

  • 肺炎にかかっていたため

シュミットの軍隊に襲撃された107連隊は、捕虜とされた後に戦闘機を作らされていました。

しかし、そこでバッキーは肺炎にかかってしまいます。

他の捕虜に肺炎が伝染しないように、隔離された場所で拘束されていたのです。

なぜシュミットの顔は赤い?

  • 未完成の超人血清を投与したことによる副作用

かつてシュミットは、アースキン博士を銃で脅し開発中の超人血清を手に入れ、自らに投与しました。

その結果、超人的な身体能力を手に入れます。

しかしながら、この血清は未完成であったため

  • 以前よりも凶暴的な性格になる
  • 毛髪が抜け落ちる
  • 皮膚が赤く染まる

などの副作用があったのです。

⑤列車に乗っているゾラ博士を襲撃するシーン

バッキーは列車から落ちた後どうなった?

  • “ヒドラ” の実験台となって生き延びている

敵からの不意打ちを食らい、列車から落ちてしまったバッキー。

列車は雪山を走っている最中でしたので、バッキーは亡き者になったと思われていました。

しかし、その後 “ヒドラ” の実験台となり超人血清を投与されます。

それと同時に記憶を消去され、洗脳もされており、次回作『キャプテン・アメリカ / ウィンター・ソルジャー』で敵として登場します。

⑥スティーブとシュミットの戦闘シーン

引用元:CinemaCafe.net

テッセラクトを持っていたシュミットはどうなった?

  • 別の場所に転送された?

キャプテン・アメリカと熱いバトルを繰り広げたシュミットですが、最後はテッセラクトの暴走により消えてしまいます。

一見すると、シュミットは亡くなったように思えますね。

しかし、私は別の場所に転送されていて、今も生きていると考えています。

と言うのも、テッセラクトには転送能力があり、他作品の『アベンジャーズ』で “ロキ” がこの力を利用して、別の世界から地球にワープしていたからです。

もしかしたら、今後の作品で再登場するかもしれません。

⑦スティーブが飛行機を不時着させた後

ハワードが見つけたキューブは何?

  • テッセラクト

物語の終盤では、スティーブはテッセラクトを乗せた飛行機を、自分ごと不時着させています。

その後、スティーブを救助するためにハワードが何度も捜索に出たのでした。

その結果スティーブが見つかることはなかったのですが、テッセラクトを見つけることはできたのです。

⑧70年後にスティーブが目覚めたシーン

引用元:CinemaCafe.net

眼帯の男は何者?

  • 国際平和維持組織 ”S.H.E.I.L.D” の長官である “ニック・ヒューリー”

ほぼ毎作品、物語の終盤・エンドロール後に登場するニック・ヒューリーですが、その正体は国際平和維持組織 ”S.H.E.I.L.D” の長官です。

彼は、MCUの第1シリーズの

のほぼ全てに現れている、超重要人物です。

本作では、スーパーヒーローのチーム「アベンジャーズ」を結成するために、メンバーを集めている段階です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました