【まごころケア食】トータルコストの安さが強み!価格・ボリュームなどの特徴を徹底解説

宅配弁当
この記事で解決する疑問
  • 他のサービスと比べて、「まごころケア食」にはどんな特徴がある?
  • 「まごころケア食」はどんな人が利用すべきサービスなの?

宅配弁当には、「自炊する手間が減る」「栄養バランスが優れている」など、多くのメリットがあります。

この記事を訪れた方は、これらのメリット惹かれて、実際にサービスを利用しようと考えている方が多いのではないでしょうか?

しかし、宅配弁当といっても多くの会社がサービスを展開しています。

それぞれの会社ごとに特徴があるので、一体どのサービスを利用すればよいのか悩んでしまいますよね。

この記事では、そんな悩みを持っている方向けに、宅配弁当サービスの1つである「まごころケア食」に焦点を絞って

「まごころケア食の特徴の説明」→「どんな人が利用すべきなのか」

の順に解説していきます。

宅配弁当に馴染みがない方、初めて利用を考えている方にも分かりやすく解説しているので、ぜひ最後まで読んでいってください!

\ 初回限定で7食3,980円 /

「 まごころケア食」ってどんなサービスなの?

公式】まごころケア食、毎回送料無料、管理栄養士の冷凍食 | シルバーライフ
引用元:まごころケア食公式サイト

宅配弁当に馴染みがない方は、

「そもそも『まごころケア食』ってどんなサービスなの?」

と思っていることでしょう。

そこで、まずは「まごころケア食」というサービスの全体像を解説していきます。

「まごころケア食」のサービス全体像

「まごころケア食」を利用する際の流れはとてもシンプルで、

 ①Webサイトでメニューを注文
 ②まごころケア食で調理後、冷凍で自宅までお届け
 ③レンジで温めて食べる

の3つだけです。

他の宅配弁当サービスでも、この流れは基本的に同じです。

なので、「どの宅配弁当サービスを利用すべきなのか?」を考える際には、

  • 価格に対して満足できるメニューなのか
  • 自宅が配送エリアに含まれているのか

の2点を抑えておきましょう。

まごころケア食の基本情報

価格 1食当たりの価格 ・569~629円 (6食)
・530~548円 (10食)
・479~520円 (14食)
・462~499円 (21食)
送料 無料
※沖縄県及び一部地域を除く
割引 ・180円OFF ※定期便に限る
・7食3,980円  ※初回限定
満足度 ボリューム ~300kcal
 ※一部300kcal以上のメニュー有
メニューの種類 約34セット(1セット7食)
その他 配送エリア 全国
保存方法 冷凍
特筆点 管理栄養士監修

まごころケア食の一番の売りは、なんと言っても「送料無料」であることです。

他の宅配弁当サービスで、送料無料を掲げているところは数少ないので、このメリットはとても嬉しいですね。

また、みなさんが一番気になるであろう価格・ボリュームに関しては

価格 (送料含む):安い
ボリューム:少なめ

のように設定されています。

節約をしたい女性・高齢者にピッタリなサービスと言えますね。

「まごころケア食」のメリット4選

ここまでは、「まごころケア食」がどんなサービスなのか・何を売りにしているのかを簡単に説明してきました。

以降では、「まごころケア食」を利用することのメリット4つを具体的に解説していきます。

ぜひ、宅配弁当サービス選択の参考にしてください!

①とにかく安い!

引用元:まごころケア食公式サイト

個人的には、この部分が「まごころケア食」の一番の強みだと感じています。

宅配弁当サービスの料金は

「宅配弁当の価格 」 + 「送料」

で決まります。

宅配弁当の価格に関しては、一般的に一度に注文する食数が多くなるほど1食当たりの価格が安くなります。

「まごころケア食」では最大21食を注文することが可能で、その時の1食当たりの価格が462~499円と500円を切るため、他社サービスよりもやや安くなります。
※他社サービスの1食当たりの価格は500円超程度

また送料に関しては、他社サービスでは数百円程度に設定されていることが多く、中には1,000円を超える価格が設定されているところもあります。

それに対して、「まごころケア食」の送料は無料であるため、この部分のアドバンテージが大きいですね。

このように、「まごころケア食」はとにかく安いので、金銭的に余裕がない学生にピッタリのサービスですね。

②管理栄養士が献立を考案

引用元:まごころケア食公式サイト

「まごころケア食」では、管理栄養士が栄養バランスを考慮して献立を考えています。

健康面を考慮した以下の5種類のセットプランが用意されているので、利用者のニーズに合わせた食事ができますよ。

「まごころケア食」のセットプラン

・塩分制限食
・糖質制限食
・カロリー調整食
・健康バランス食
・たんぱく調整食

③コンセプトに合った献立を選んでくれる

他サービス (例えばnosh)では、何十種類のメニューから自分で選択する場合もあります。

これは、好きなメニューを選べるというメリットがある反面、選ぶのが面倒というデメリットもありますよね。

この点、「まごころケア食」では、先ほどのセットプランを選択すれば、栄養管理士が献立を考えてくれるので、メニューを選ぶ必要がありません。

メニューをいちいち選ぶのが面倒という人にとっては、手間が省けていいですね。

④置き配にも対応

引用元:まごころケア食公式サイト

「まごころケア食」では、置き配にも対応しています。

さらに言うと、置き配で注文することにより通常よりも価格が安くなります。

少しでも価格を安くしたい方、突発的に自宅を離れることがある方にはぴったりですね。

デメリット1選

これまでは、「まごころケア食」のメリットについて解説してきました。

「まごころケア食」には多くのメリットがあるため、魅力的に感じている方も多いでしょう。

しかし、「まごころケア食」にもデメリットがあるため、その部分を抑えてから利用するかどうかを判断しましょう。

とは言っても、デメリットは1つだけなので、さっさと解説していきます。

①全体的にボリュームが少ない

引用元:nosh公式サイト

「まごころケア食」のメニューの大部分は300kcal以下に設定されています。

他サービスは400kcalくらいのメニューが大部分を占めているめ、比較的ボリュームが少ないと言えるでしょう。

ちなみに、農林水産省によると1日に必要なエネルギー量の目安が、女性の場合は1,400~2,000kcal、男性の場合は2,000~2,400kcalと表記されています。

上記の数字を単純に3で割って、1食当たりに換算すると

 ◇女性:467~667kcal
 ◇男性:667~800kcal

となります。

女性にとっても300kcalは物足りなく感じそうですね。

なので、「まごころケア食」は小食な女性や高齢者におすすめできるサービスです。

「まごころケア食」はどんな人におすすめ?

これまで解説してきたメリット・デメリットをまとめると、「まごころケア食」がおすすめな人は以下のような人になります。

区分 特徴 おすすめな人
メリット

とにかく安い!

金銭的な余裕が少ない学生

管理栄養士が献立を考案

健康面を重視したい方
コンセプトに合った献立を選んでくれる メニューを選ぶのが面倒な方
置き配にも対応 ・日頃から忙しい方
・少しでも安くしたい方
デメリット 全体的にボリュームが少ない 小食な女性/高齢者

特に、複数当てはまる方はぜひ「まごころケア食」を利用してみてください!

きっと「まごころケア食」のサービスに満足するでしょう。

\ 初回限定で7食3,980円 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました