【比較】楽天モバイル vs BIGLOBEモバイル!どちらと契約した方がお得?

楽天モバイル
この記事で解決する疑問
  • 楽天モバイルとBIGLOBEモバイルはどこが違う?
  • 楽天モバイルがおすすめな人は?
  • BIGLOBEモバイルがおすすめな人は?

格安SIMってたくさんあるので、どれが良いのか迷ってしまいますよね。

また、どうやって比較すればよいか分からない人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、楽天モバイルとBIGLOBEモバイルに焦点を絞って、両者の特徴を比較しながら、どちらがおすすめなのかを解説します。

楽天モバイルとBIGLOBEモバイルの主要サービス比較

まずは、楽天モバイルとBIGLOBEモバイルの主要なサービス内容を紹介します。

  Rakuten UN-LIMIT Ⅵ BIGLOBEモバイル
運営会社 楽天モバイル株式会社 ビッグローブ株式会社
月額料金
※音声通話SIMの料金
0~1GB:0円
1~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20~(無制限):3,278円
1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
12GB:3,740円
20GB:5,720円
30GB:8,195円
通話料
(国内)
0円
※Rakuten Link使用時
9.9円/30秒
※BIGLOBEでんわ使用時
申込み方法 店舗 / WEB 店舗 / WEB
キャンペーン

以降では、これらの特徴について詳しく比較・解説していきます。

【比較①】月額料金・データ容量

■楽天モバイル

 データ
使用量
音声通話SIM
(電話+データ通信)
0GB

1GB
0円
1GB

3GB
1,078円
3GB

20GB
2,178円
20GB

無制限
3,278円

■BIGLOBEモバイル

 データ
容量
音声通話SIM
(電話+データ通信)
データSIM
(SMS機能付)
データSIM
(SMS機能無)
1GB 1,078円
3GB 1,320円 1,122円 990円
6GB 1,870円 1,727円 1,595円
12GB 3,740円 3,102円 2,970円
20GB 5,720円 5,082円 4,950円
30GB 8,195円 7,557円 7,425円

楽天モバイルとBIGLOBEモバイルは、ともにデータ使用量に応じて月額料金が変化します。

しかし、楽天モバイルはその月のデータ使用量に応じて月額料金が変化するのに対し、BIGLOBEモバイルは最初に契約したプランの月額料金を払い続けるので、楽天モバイルの方が融通が利きます。

また上のグラフを見ると、一概にどちらが安いというわけではなく、データ使用量に応じて優位性が変わることが分かります。

その比較結果は、以下のようになります。

◆ 0~3GB ⇒ 楽天モバイルの方がお得
◆ 3~6GB ⇒ BIGLOBEモバイルの方がお得
◆ 6GB~ ⇒ 楽天モバイルの方がお得

【注意】楽天モバイルはエリアによってデータ容量が異なります

楽天モバイルには2つのエリアがあり、それぞれで高速通信が可能なデータ容量が異なるので注意が必要です。

具体的には、楽天回線エリアであればどれだけ使っても高速通信が可能ですが、パートナー回線エリアだと5GB以降の通信速度が1Mbpsに制限されます。

楽天回線エリア・パートナー回線エリアの特徴については、以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方は読んでみてください。

【比較②】通話/SMS料金

  Rakuten UN-LIMIT Ⅵ BIGLOBEモバイル
通話 国内 ⇒ 国内 0円
※Rakuten Link使用時
9.9円/30秒
※BIGLOBEでんわ使用時
国内 ⇒ 海外
SMS 国内 ⇒ 国内 0円
※Rakuten Link使用時
3.3~33円/回
※送信文字数に応じて
国内 ⇒ 海外

楽天モバイルは、「Rakuten Link」という専用アプリを使用して通話/SMSすると、料金が0円になります。

つまり、どれだけ通話/SMSを利用しても一切料金がかかりません。

一方BIGLOBEモバイルは、「BIGLOBEでんわ」という専用アプリを使用して通話をした場合、料金が9.9円/30秒に割引されます。

また、SMS料金については割引はなく、他社と同様の通常料金となっています。

以上より、通話/SMS料金の面では楽天モバイルの方が優れていることが分かりますね。

ただし、楽天モバイルでも「Rakuten Link」を使用せずに、通常の電話アプリで電話/SMSをすると料金が発生するので、必ず「Rakuten Link」を使用しましょう!

【比較③】通信速度

  Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
BIGLOBEモバイル
27.65Mbps 23.47Mbps
24.58Mbps 7.99Mbps
夕方 25.34Mbps 23.11Mbps
22.11Mbps 22.16Mbps
深夜 28.81Mbps 36.3Mbps

引用元:みんなのネット回線速度 直近3か月の平均速度(下り)

楽天モバイルとBIGLOBEモバイルの通信速度を、時間別(朝、昼、夕方、夜、深夜)で比較すると、特にBIGLOBEモバイルは時間による変化が大きいです。

BIGLOBEモバイルは、お昼以外は20Mbps以上の通信速度が出るので快適に利用できますが、お昼ごろになると通信速度が約8Mbpsにまで落ちます。

一方で楽天モバイルは、回線が込みやすいお昼でも20Mbps以上の通信速度が出るので、いつでも快適に通信できます。

以上より、通信速度に関しては楽天モバイルの方が優れていることが分かりますね。

【注意】楽天モバイルの通信速度はエリアによって異なります

楽天モバイルの通信速度に関しては、一点だけ注意が必要です。

楽天モバイルは、一部都道府県(主要都市)のみにしか自社の基地局回線は利用できず、それ以外のエリアはauの基地局の回線を借りて、通信サービスを受ける形となっています。

そのため、

◆ 楽天回線エリア
◆ パートナー回線エリア

と呼ばれるエリアが存在しています。

特に、パートナー回線エリアの場合はauから回線を借りているため、お昼に通信速度が落ちやすくなる傾向があります。

一方で、楽天回線エリアの場合は自社回線を利用しているため、お昼でも安定して通信できますよ。

楽天モバイルのエリア別の通信速度に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方は読んでみてください。

【比較④】デザリング

  Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
BIGLOBEモバイル
デザリング機能

両者ともに、デザリングサービスを有しています。

しかし、データ容量は

  • 楽天モバイル ⇒ 無制限
  • BIGLOBEモバイル ⇒ 30GB(データ容量が一番大きいプラン)

であることを考慮すると、デザリングに関しては楽天モバイルの方が優れています。

というのも、デザリングを行うと通常利用よりもデータ通信をしてしまうので、いかに多くのデータ容量を有しているのかが重要になるからです。

ちなみに、デザリングの通信速度や固定回線化(楽天モバイル)については以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方は読んでみてください。

【比較⑤】対応端末

  Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
BIGLOBEモバイル
Android
iOS

両者ともにAndoroid・iOSに対応しているため、この点はドローです。

ここで、

楽天モバイルってiOSだと一部機能が利用できないんじゃないの?

と思う人もいるでしょう。

確かに、これまで楽天モバイルはiOSだと一部の機能が利用できませんでした。

しかし、2021年4月27日にiOS14.4以降を搭載し、キャリア設定アップデートを実施すれば、以下のiPhoneでもすべての機能が利用できるようになりました。

対応製品
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus

楽天モバイルの最大のデメリットであった「iOSの機能制限」も解消できたので、本格的に楽天モバイルをおすすめできるようになりましたよ!

ちなみに、キャリア設定アップデートの更新手順については、公式サイトでご確認ください。

【比較⑥】申込み方法・サポート

  Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
BIGLOBEモバイル
WEB
店舗

両者ともにWEB・店舗の両方で申し込みやサポートを受けられるので、この点については引き分けです。

ちなみに、店舗申込みの方法やメリット・デメリット(楽天モバイル)については、以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方は読んでみてください。

【比較⑦】キャンペーン

  Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
BIGLOBEモバイル
総割引額 最大34,834円 最大31,581円

楽天モバイルの主なキャンペーンは

  • プラン料金3か月間無料キャンペーン
  • お申込みキャンペーン

の2つがあり、これらのキャンペーンを適用すると最大34,834円もの割引を受けられます。

一方で、BIGLOBEモバイルの主なキャンペーンは

  • 初期費用無料
  • プラン月額料金 1年間 770円~
  • エンタメフリー 初回最大6ヵ月無料

の3つがあり、これらのキャンペーンを適用すると最大31,581円もの割引を受けられます。

総割引額を比較すると若干楽天モバイルの方が優れていますね。

ちなみに、楽天モバイルの最新キャンペーンについては以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方は読んでみてください。

楽天モバイルBIGLOBEモバイルのメリット・デメリット

ここまで、楽天モバイルとBIGLOBEモバイルを以下の項目で比較してきました。

比較項目

① 月額料金・データ容量
② 通話/SMS料金
③ 通信速度
④ デザリング
⑤ 対応端末
⑥ 申し込み方法・サポート
⑦ キャンペーン

それぞれのメリット・デメリットは以下のようになります。

■楽天モバイル

メリット
デメリット
データ使用量が0~3GB、6GB以降の時の
月額料金が比較的安い
データ使用量が3~6GBの時の
月額料金が比較的高い
データ容量が無制限
(※楽天回線エリア)
通信速度が安定して速い
WEB・店舗での対応あり
キャンペーン割引額が高い
Android・iOSの両方に対応  

■BIGLOBEモバイル

メリット
デメリット
 データ使用量が3~10GBの時の
月額料金が安い
データ使用量が0~3GBの時の
月額料金が高い
データ容量が最大でも30GBのみ
WEB・店舗での対応あり お昼の通信速度が比較的遅い
 
キャンペーン割引額が少ない
Android・iOSの両方に対応  

上記の比較結果を見ると、全体的に楽天モバイルの方がメリットが大きいことが分かりますね。

以降では、上記のメリット・デメリット踏まえて、

  • 楽天モバイルがおすすめな人
  • BIGLOBEモバイルがおすすめな人

を紹介していきます。

こんな人は楽天モバイルがおすすめ!

楽天モバイルがおすすめな人
  • 生活エリアが楽天回線エリア内の人
  • 月々のデータ使用量が0~3GB、6GB以上の人
  • 電話の使用頻度が高い人

楽天モバイルがおすすめな人は、上記3つのうち1つでも当てはまる人です。

それぞれの項目について解説していきます。

①生活エリアが楽天回線エリア内の人

そもそもの話、楽天モバイルには

  • 楽天回線エリア
  • パートナー回線エリア

の2つのエリアがあります。

このうち楽天回線エリアであれば、データ容量無制限で高速通信ができるようになるので、BIGLOBEモバイルよりも多くのデータ通信が可能となります。

また、楽天回線エリアはデザリングも無制限で使えるので、自宅Wi-Fiのための固定回線(光回線)を代用することが可能となります。

楽天モバイルを固定回線化することで、月々の通信費をかなり抑えることができますよ!

②月々のデータ使用量が0~3GBの人

楽天モバイルの料金体系は

■ 0~1GB ⇒ 0円
■ 1~3GB ⇒ 1,078円
■ 3~20GB ⇒ 2,178円
■ 20~無制限 ⇒ 3,278円

のようになっています。

BIGLOBEモバイルの月額料金と比較すると、月々のデータ使用量が0~3GB、6GB以上の人は、BIGLOBEモバイルよりも大分お得になりますよ。

③電話の使用頻度が高い人

楽天モバイルは、Rakuten Link使用時だけではありますが国内通話が無料になります。

最近はLINEで通話することが主流になっていますが、引越し時の連絡やLINEを利用していないおばあちゃん、おじいちゃんに連絡をとりたい時などもありますよね。

そんな方にとっては、通話料が無料であることはとても嬉しいですね。

こんな人はBIGLOBEモバイルがおすすめ!

BIGLOBEモバイルがおすすめな人
  • パートナー回線エリア内で5GB以上使いたい人
  • 月々のデータ使用量が3~6GBの人
  • youtubeやU-NEXTなどの対象サービスのデータ使用量が多い人

BIGLOBEモバイルがおすすめな人は、上記3つのうちに1つでも当てはまる人です。

①パートナー回線エリア内で5GB以上使いたい人

楽天モバイルのパートナー回線エリアでは、データ容量が5GBを超えると低速通信(1Mbps)となってしまいます。

月々のデータ使用量が5GB以内に収まる人であれば問題ありませんが、5GB以上使いたい人であれば楽天モバイル(パートナー回線エリア)は物足りないと思います。

BIGLOBEモバイルの場合、楽天モバイルのようなエリアが存在しておらず、どのエリアでもプランのデータ容量までは高速通信できるので、地方の方にもおすすめです!

②月々のデータ使用量が3~6GBの人

BIGLOBEモバイルの月額料金と、楽天モバイルの月額料金を比較すると以下のようになります。

月々のデータ使用量が3~6GBの人は、楽天モバイルよりもお得になりますよ。

③youtubeやU-NEXTなどの対象サービスのデータ使用量が多い人

YouTubeなど楽しみ放題!音声通話SIM3ギガ+エンタメフリーで1,480円(税込1,628円)/月
引用元:BIGLOBEモバイル HP

BOGLOBEモバイルには、「エンタメフリー・オプション」と呼ばれるオプションがあります。

これは、youtubeやU-NEXTなど全21種類の対象サービスのデータ通信が、ノーカウントとなるオプションです。

これらのサービスを普段からよく利用する人からすれば、契約するプランのデータ容量を減らして月額料金を抑えることができますよ!

このオプションは最初の6ヵ月間は無料で、それ以降は税込み308円で申し込むことができます。

■対象サービス

動画配信
(動画視聴のみ)
YouTube
ABEMA
U-NEXT
YouTube Kids
音楽・ラジオ配信
(音楽再生/ラジオ聴取のみ)
YouTube Music
Apple Music
Spotify
AWA
Amazon Music
LINE MUSIC
radiko
らじる★らじる
dヒッツ
RecMusic
楽天ミュージック
電子書籍配信
(閲覧・ダウンロードのみ)
dマガジン
dブック
楽天マガジン
楽天Kobo
その他のアプリ Facebook Messenger
au PAY マーケット

 

まとめ

この記事では、楽天モバイルとBIGLOBEモバイルを比較しました。

ほとんどの項目で楽天モバイルの方が優れていたので、迷ったらとりあえず楽天モバイルを申し込むことをおすすめします。

しかし、BIGLOBEモバイルにも「エンタメフリー・オプション」というお得なオプションもあるので、一部の人にはBIGLOBEモバイルがおすすめです。

このサイトでは、楽天モバイルの様々な特徴を解説しているので、ぜひ他の記事も読んでみてください。

\ 今なら3か月間無料! /

コメント

タイトルとURLをコピーしました